アイディアたたき台
東京大学大学院 奥本さんからのアイディアを投稿します。

「贅沢なカスタム車」の提案、面白いので是非取り組んでみたい内容ですね。今回のワークショップですぐに実現することは難しいかもしれませんが、その要素を盛り込んだり、今後につなげる提案としてプレゼンテーションすることは可能だと思います。

すいていることを、「スペースにゆとりがある」というように見方を変えると、他の移動手段には無い魅力が見えてくるように思えます。イメージしている姿があれば、是非スケッチなどをアップしていただけませんでしょうか?

====================================================================

皆様、今回City Mobilityユニットに参加させて頂きます
東京大学大学院 奥本卓也です。

プロジェクトのたたき台についての意見を述べさせていただきます。
一畑電車の時刻表を調べてみましたが、1時間に1度という運行頻度であり通勤・通学のための移動手段というよりは、レジャーとしての移動手段という側面を強調するのが良いかなと思いました。首都圏では運行をスムーズにするため、あるいはより多くの人を乗せるために6ドア車や折りたたみ座席などのカスタム車が登場しているのですから、利用者が少ない地域では一人当たりが占有する面積の大きい「贅沢なカスタム車」があっても良いのではないでしょうか?今回のワークショップでどこまで提案できるのかは分かりませんが、自転車を乗せる以外にも利用者が少ないからこそ成り立つカスタム車の提案が出来たらなと思います。

以上です。出雲でお会い出来る事を楽しみにしております。
by CM_Izumo_2010 | 2010-07-29 21:00 | brainstorming
<< サイクリングマップと簡易カフェ... 自転車持ち込みについて >>